横断幕に使用される生地の種類

横断幕に使われる素材はいくつかあります。

そのためどれを選んだらよいか迷ってしまうのでは、と思われがちですが大体の販売サイトでは生地についてある程度説明があるので、それを参考に注文することが可能です。

▼参考までに…横断幕デザイン作成の激安専門店 【MAKUSHOP】の取り扱い生地

例えば屋外に常設したい場合はターボリンやメッシュターボリンがお勧めの生地となっています。

ターボリンは天候の変化にも耐性がありテント地とも呼ばれています。

ただ頻繁に取り外しを行い、持ち運ぶ目的がある場合は重量が軽めのトロマットがお勧めとなっています。

この生地は野球やサッカーの試合等での応援用の横断幕としての需要が高い生地です。

屋内に設置したい場合はトロマットやスウェード、バックサテンなどの生地がお勧めです。

屋内に常設したい場合や持ち運びしたい場合も利便性が高い生地ですので、後はさわり心地などの好みで選択しても良いかもしれません。

これらの生地は布系の生地ですので折りたたみしやすく、シワも出来にくいので管理しやすい横断幕となります。

特にトロマットは野球やサッカーなど応援に重宝されている生地ですので、横断幕としての需要も高いです。

生地としての軽さもありますし使い勝手が良い事が特徴ですね。

トロマットの耐用年数は屋内で大事に使用すれば3年間程は使用する事が出来ます。

ただ屋外では負担も多い為三ヶ月位で使えなくなる事もあるようです。

ターボリンなどのテント地は元々屋外の使用を想定していますので、屋外放置でも1年から3年間位は使用出来ます。